どのぐらい乗ったら廃車扱い?

廃車後の車を自宅で保管しておくことは可能?

廃車後の車を自宅で保管しておくことは可能? 思い出があり手放したくない車でも、いつかは走れなくなり廃車の手続きをしなければいけません。
そこで気になるのが、廃車にした車は自宅で保管してもよいのかどうかです。
手続きをしたらスクラップにしなければいけないという法律はありませんので、廃車にしてもそのまま自宅保管することは可能です。ただし、いくつかの注意点があります。
まず手続きには2種類あり、今後その車をどうするのかで選ぶ必要があります。
スクラップにしたり、今後確実に登録をしないのであれば、永久抹消登録の手続きになりますし、もしまた使用するのなら一時抹消登録手続きにしなければいけません。
もし、今後いずれ直して乗ろうと考えていたら一時抹消登録を選ぶようにしてください。
また、いくら廃車だとしても、保管する場所が必要となり、場合により駐車場を借りなければいけません。
駐車場によっては、不動車に関しては利用不可になりますので、借りようとしている駐車場はどうなのかを聞くようにしてください。

買ったばかりの車が廃車になったらローンは払い続けなければならない?

買ったばかりの新車が不運にも事故を起こしたり、事故に巻き込まれたりして酷いダメージを受け、廃車にしなければならなくなったとしたらどうでしょう。
本当にショックで言葉もないことでしょう。実際、新車はまだ乗り慣れてないために運転感覚をつかみにくく、事故を起こしてしまうことが多いようです。
ところで、このような買ったばかりのクルマで事故に会い、クルマを廃車にせざるを得なくなった時に、そのクルマがローンで購入したクルマである場合、クルマはもうないのにローンだけを支払い続けなければならないのでしょうか。答えは、当然「イエス」です。
しかし、クルマがないのにローンだけを支払い続けるとしたら、これほど空しいことはありません。
このようなケースを避けるためにも、車両保険にはしっかり加入しておくことをおすすめします。
誰でも思わぬ事故に遭遇する可能性があるからです。特に自損事故もしっかり補償してくれるような補償範囲がワイドな保険であればより一層安心です。