どのぐらい乗ったら廃車扱い?

放置車両の廃車でトラブルを避けるためには?

放置車両の廃車でトラブルを避けるためには? 所有地に無断で自動車が放置されてしまった場合、迷惑だからとその放置車両を廃車にしようと考えるはずです。
しかし、自動車の所有権を持っていない方が勝手に廃車してしまうことは法律で認められていませんので、してしまうとあとあとトラブルを招くこととなります。
ですので、こちらに非がないとはいえ、無用なトラブルを避けるために決められた手順を踏んで手続きを進めることが重要なのです。
まず車の所有者が分かっていれば、直接、移動させるように言ってもいいのですが、当事者同士の話し合いがトラブルを招くこともありますので、心配な場合は警察に届けることが一番です。
そもそも放置車両は盗難など犯罪に関与していたものも多いため、事件に関係した車両であれば警察に連絡をすることで撤去してもらうことができます。
また事件に関係してなくとも、警察の方から所有者へ連絡や指導が入りますので問題解決をはかることができるのです。
もし、それでも問題が解決しない場合は、裁判所に妨害排除請求訴訟や損害賠償請求訴訟を起こしたり、所有者が分からない場合は、張り紙で期間を決めて、連絡がなければ廃車することを告知するとよいでしょう。

放置車両の廃車は普通の廃車よりお金がかかる?

廃車とは、書類上で車を使えなくすることです。
そのための変更登録をすることをいいます。
したがって、物理的に車を勝手に解体すればよいのではなくて、法律的にきちんとした手続きをとる必要があります。
そのために、同じ廃車でも所有者が誰かわからない放置車両のほうが手間がかかり、その手間の分だけ費用が多くかかります。
例えば、自分の車なら、所有権を持つ所有権者は自分本人なので廃車業者に車を持っていけばよいだけです。
しかし、放置自動車の場合は、所有者すらわからないことが多いために、彼を探す手間がかかります。
当然そのための費用もかかります。
その後、放置するような所有者と話し合わなければならないために、そこでも時間と手間がかかります。
そして、処分してもOKということになっても、放置自動車はたいていはパンクなどしていて自力走行ができないために、レッカー移動になります。
その分も自己負担する場合は当然費用がかかってきます。
それらのために放置車両の廃車は普通のそれより手間とお金がかかります。