どのぐらい乗ったら廃車扱い?

廃車の輸出について

廃車の輸出について 今は廃車といっても単なるゴミではもちろんありません。
使えるパーツは片端から取り外して中古部品とされますし、もうこれ以上取れないところまできて粉砕処理された後も、金属類はほぼ全て資源として再利用されています。
都市の中にある資源の山という意味で、廃車は都市鉱山呼ばれることもあるほどです。
本当の意味でゴミとなるのはプラスチックくず、ガラスくずなどがせいぜいです。
そして、国内需要だけでなく、海外需要もあるのです。
つまり輸出です。
これは何も今に始まったことではありません。
昔に比べると今は若干威光が衰えたのかもしれませんが、メイド・イン・ジャパンは依然として海外からは羨望の眼差しで見られます。
それは日本人からみると、これはちょっと、と思えるような中古部品であっても変わりありません。
海外の自動車部品バイヤーたちは日本車の品質の良さを知っていますし、最近の円高傾向や新興国の隆盛もあって、あらゆる中古パーツが輸出対象として引っ張りだこなのです。

廃車からの中古部品販売

すでに廃車になったとはいっても、それがまったく無価値なものではないことは、事故車や水没車などの、運行できないような自動車の車体まで高値で買取をしてくれる業者がいることからも明らかでしょう。
廃車といえばまず思い浮かぶのは、鉄くずのスクラップとしての価値ですが、実際に解体された自動車からは、まだリサイクル可能な多数の部品をとることができます。
業者によっては、自動車の解体とあわせて、廃車買取、中古部品販売を兼業で行っているような場合もあります。
最近の自動車であればいざしらず、型式の古い自動車では、逆に事故で損傷したり、故障したときの交換用の部品というのは貴重になりますので、こうした廃車になった自動車から部品を集めての中古部品販売があると重宝するものです。
基本的には業者間での取引ですが、現在ではインターネットも発達していますので、たとえばネットオークションを通じた一般人との直接の取引などもさかんになってきています。